ワタシの日記

日々をとりとめもなく。

ホームシックその後

県外の専門校へ進学し寮生活を初めた三男

直後にホームシックになりびっくり

 

music69story.hatenablog.com

 

日を追うごとにひどくなり

眠れない

食べれない

帰りたい

というLINEがくるので通話をすると泣き出してしまった。

実家でいつも一緒にいたモルモットもいない

寮のWi-Fiがクソでゲームができない

知らない人ばかりで気を遣ってしんどい

進学するのにお金もたくさんかかっているし

頑張らなきゃ、頑張りたいと思うけどもう無理

帰りたい

 

モルモット?ゲーム?そんなの我慢せい、と思うかもしれませんが

モルモットは自分の部屋で寝起きを共にするほど溺愛していた存在。

ゲームは彼にとっては友達とつながるツールであり、息抜き、娯楽。

気を遣う…三男には小学生の頃から必要以上に周りに気を遣ってしまい疲れてしまう過敏さがありました。

自分で望んで進学し、全く新しい環境に飛び込んだ三男でしたが

たぶん、自分の想像と色々と違っていたのでしょう。

 

あまりの急変ぶりに私は動揺してしまった。こ、これはやばいのでは?

数日後の入学式に、追加の荷物を持って行き入学式にも出席する予定の私は

入学式に出るつもりが三男を乗せて長野に戻ってこなくちゃならなくなるのでは?

どうしようどうしよう…

 

今私にできることはなんだろうと考えて

とりあえず、学校に電話して三男の現状を報告しました。

え、もうですか?と、たいへん驚かれましたが

〇〇君の好きな食べ物何ですか?今夜作りますよ、と言ってくださいました。

モルモットも寮に連れて行っているのですが、飼育室に入っていて規則で部屋に連れて行くことができません。そこも、なんとかできないか上の方にかけあってみるとのこと。ありがたいなぁと思いました。

その日は声をかけ様子をみていただくことにして電話を切りました。

 

つづく