ワタシの日記

日々をとりとめもなく。

寒い日の遊び。

先週は寒波到来で日本列島が凍えましたね。

私の住む地域は

最高気温が−3℃最低気温は−11℃くらいだったでしょうか。

 

前の週からニュースや天気予報で

すっごーく寒くなるぞ寒くなるぞ〜って言っていたので

前日に灯油と食料を多めに買い、寒波に備えることができました。

ほぼ予報通りになる天気予報って凄いですねぇ。

おかげで最強寒波、無事に乗り越えることができました。

 

さて

寒すぎるのは基本勘弁してくれぇ〜なんですが、楽しみもあるんです。

最低気温−10℃

この気温を聞くと私はワクワクソワソワしてきます。

なぜなら

濡れタオルを振り回して凍らせる遊びができるから!!!!!

 

これが楽しくって!

毎冬−10℃になるのを待っている私です。

これね、−7、8℃では上手く行かないんですよねぇ。

凍るっちゃ凍るんだけど時間がかかるし、ふにゃ~としてしまう。

シャキッ、パリッとならないの。

 

濡れタオル振り回しチャレンジができる気温になるのはひと冬に2回くらい。

で、やってきました最強寒波

ということでチャレンジ〜

続きを読む

ごぶさた。

一昨日、はてなブログからお知らせがありました。

ブログを始めてから1年が過ぎたようです。

皆様、拙いブログですがいつも

読んでくださってありがとうございます。

最近はすっかりごぶさたしちゃってますが

ぼちぼち〜な感じで続けていこうと思っています。

 

今週はとても寒くて

報道では最強寒波という表現もされていますね。

我が家周辺、ただいまの気温は−11℃のようです。

廊下やキッチンなどはとても寒いですが

今はリビングでこたつにあたって、石油ファンヒーターをつけているので

ぬくぬくです。

水道も凍らず、お湯もすぐに出てくるのでありがたいな〜って思います。

 

幼い頃の記憶

とても冷え込んだある朝、水道が凍ってしまっていた日がありました。

寝る前にチョロチョロ〜って水出しておくんですけどね。

瞬間湯沸かし器がキッチンにあって

お湯が出るのはそこだけ

お風呂はガス風呂釜で沸かすんですけど屋外にあって、マッチで点火していたような。

風呂場にシャワーもなかったな

 

今は給湯器があって、水道管は電気で温めていて凍ることもなく

洗面所でもお湯出るしお風呂にシャワーもある。

肌着も洋服もめっちゃ着込んでいたなぁ

毛糸のセーターも必須でした。

今はあったかい肌着も服も豊富にありますねぇ

 

最強寒波から連想してつらつら書きましたが

今日はこのへんで。

久しぶりにブログ書いて楽しかった。

 

寝るのでストーブ消したら冷え冷えですわ

おやすみなさい。またね。

荷物引き揚げの旅。

6月に心身の休養ということで学校の寮から自宅に戻った三男。

荷物はほとんど寮に置いてきた状態でした。

今年度末まで休学することが決まり

荷物を置いたままでは寮費を払い続けなくてはならないので

10月末、三男と私で残った荷物を引き揚げに行きました。

昨年夏のオープンキャンパスにはじまって、冬には入学試験、今年3月には入寮、4月は入学式、6月は迎えに、と何度も訪れた場所。

すっかりおなじみになった道中の景色。

もう当分訪れることもないのかな、と思い

寄り道しながら行きました。

道の駅
続きを読む

モトオット②

元夫が長野に来て11年ぶりに会ったのだけど

 

music69story.hatenablog.com

 

その前日我が家では、元夫余命幾ばくもない説が浮上していました。

 

発端は二男の一言

「お父さん病気なんじゃないかな」

私「どうして?」

「急にこっちに会いに来るっていうし、今日送ってきた自撮り写真、髪の毛ないし…」

私「抗がん剤で髪がないとか、そういうこと?」

「まあ、そういうこと」

 

そんなことないよ〜

っと言いたいところだけど、わたしにも引っかかることがありました。

数日前電話で話した時

「もう一生(私には)会わないかもしれんし」

というんだもん。一瞬え?死ぬの?それで会いに来るの?って頭よぎったよね。

金曜日に病院へ行き、土曜日に横浜の友人に会い、日曜日に長野に来るって言ってたな。病院、気になる。

でも、仕事辞めて次の仕事が11月からで暇だから〜みたいなこと言ってたから違うよねぇ…病院も持病があるから定期的な通院かもしれない。

ううむ。どうなんだろ。

 

そんなとき長男から電話が。

私「いやぁ、〇〇(二男)がお父さん病気じゃないかって、心配しているんだけどさ〜」「私と話した時一生会わんかもとか言ってたし」

と言うと

「俺、昨日おやじと話したんだけど、なんか急に「俺が死んだらおまえに連絡がいくようになっているから」って言うてたわ「死んだらいろいろお金もかかるしな保険がどうたらこうたら」って」

 

ええーーーっっ

やっぱり状況的に余命宣告うけて、みんなに会いに来る感じ?

いや、でもさ〜

次の仕事決まってるっていうし、自撮りの顔の色ツヤ良かったよ。

第一関西から横浜、長野に運転して来る体力あるみたいだし。

 

長男からの電話を切ってから

二男と私で

うーん、どっちなんだろうね

となりました。

考えても答えは出るはずもなく

一応、その可能性(余命幾ばくもない)もある、という心づもりでいよう

ということになりました。

 

翌朝、娘にもそのことを伝えました。

もしかしたら、会うのが最後になるかもしれませんからね…

 

そして当日夕方

待ち合わせの公園で会ってすぐに

元夫にまず、二男が写真を見て病気じゃないかと心配していたこと

私との電話で一生会わんかも、からの

余命幾ばくもない説について伝えると

 

「え、俺が死ぬから会いに来たって?ないない。」

というので

状況証拠?として長男への俺が死んだらお前に連絡が行く発言をたたみかけました。

そしたら

「うーん、たしかに それぞれの話を合わせると、そう考えてもおかしくないなぁ」

と笑っていました。

 

ちなみに

死んだら長男に連絡がいく、というのは

生命保険の手続きで保険金の受取人に長男の名前を書いた、ということらしいです。

そして病院は定期検診。

スキンヘッドは一昨日ブログに書いた通り円形脱毛症で剃ったと。

 

余命宣告受けたんじゃなかったんだ。あ〜よかった。

離れて暮らしていて、あまり会うことはないけれど

お父さんが死んじゃったら、子供達が悲しむもん。

 

一昨日食事をして別れた後

長男に「ご飯たべてきたよ。お父さんまだ死なないって笑」

とLINEメッセージを送ると

「あーそれは昨日(本人から)聞いたw」と返信が来ました。

なんだよ昨日聞いてたなら教えろよ

 

そして今このブログ書いているところに

娘が来たので

「お父さん余命幾ばくもない説 違って良かったね」

と話しかけたら

「あは〜www」って笑って自分の部屋へ去って行きました。

 

笑い話になって良かったわ。

 

うれしい収穫。

10月になってからなぜかミニトマトが鈴なりに。

今朝の収穫〜🍅

f:id:ongakuohanasi:20221025091036j:image

 

9月頃より実が一回り大きくつやつや

皮は少し硬いけれど 美味しいよ。

やる気なかったけど植えて良かった!嬉しい!

 

music69story.hatenablog.com

 

明日から冷え込みが厳しくなるけど

ミニトマトの生長や色づきとに影響するのかな?

 

モトオット。

元夫に会いました。

うーん何年ぶりかな。11年ぶり?

年に1回くらい電話で話してはいるけれど。

 

今月初めに二男が

「お父さん月末くらいにこっち(長野)くるんだって、ご飯でも食べようって」

と言ってきたので

「へぇー、いいじゃんご飯。行っといで行っといで〜」

と返事をしました。

コロナ禍以前は学校の長期休暇などに県外の元夫のところへ

子供達だけで遊びに行ったりしていたのですが

ここ数年行けてないので会えるなら良かった、と思いました。

 

そしたら数日前

元夫から私に連絡が来て

「23日午後にそっちにつくからみんなで一緒に昼飯食べよう」

っていうのでビックリ。

「え、それって私も一緒にっていうお誘いですか?」と聞くと

「まあそう、もう一生会わないかもしれんし」

って何?アンタ死ぬんか?と頭をよぎったが

まあ、言われてみればそうかもね。

子供達はこれから会う機会があるだろうが私はないわな。

「わかった〜」と返事をして今日。

 

到着が遅れて夕方に。

待ち合わせ場所の公園に二男、三男、娘、私で向かいました。

「お久しぶり〜」と言うと

「あんまり変わらんな〜」と言われました。

年とったけどね。でもアナタもあんまり雰囲気変わってないわね。

仏門にでも入ったのですか?と聞きたくなる見た目(スキンヘッド)になっていましたが。昨日二男あてに送った自撮り写真見て知っていたので驚きはしませんでした。

ストレスで円形脱毛症になったから剃ったのだそうです。

 

公園で少し話しをして記念に写真を撮りました。

最初は元夫と子供達

次は三男がカメラマンで私も入って。

一生会わないかも知れないんで撮っておかな〜と思いました。

 

それからみんなで回るお寿司屋さんへ。テーブル席に着いたらなんか元夫と向かい合わせになってしまって会話できるかな〜と微妙な気分。

普通に会話はできるけど対面するのは11年ぶりですから。

 

でもそこは回転寿司。注文したりレーンからお寿司取ったりと

適度な忙しさがあるのが良かったわ。

そこそこ話もはずんで、あーこんな話し方する人だったな〜とか思い出しましたね。

あとは夫婦と子供達での食事ってこんなふうなんだな〜とか思ったり。

まあ、あれこれ感じたり思ったり考えたりしながらも楽しい時間が過ごせました。

 

駐車場でお別れして帰宅。

楽しかった気分に浸りつつ

たまに会うから楽しいけど、一緒に暮らすのは無理だぁとしみじみ思う。

お互い様であちらもそう思っているでしょう。いろいろありましたから。

 

会う前は少しザワザワした気持ちもありましたが

今こうやって会って、普通に話ができる関係でいられるのは良かったです。

 

ザワザワしていた気持ちの詳細は

また別の日に書けたら。

 

倉庫の片付け。

※昨日の日記です。

 

今日は爽やかな晴天!お掃除日和だな〜と思ったので

倉庫の片付けをしました。

車庫のとなりにある、納屋みたいなところで両親が残した食器やスコップ、鍬、鋤、雪かきとか使うもの滅多に使わないものもう本当はいらないものなど雑多に置いてあります。

5年前に父が亡くなった後、ふっるーいタンスや食器、味噌樽、漬物樽やら

廃品回収業者にトラック3杯分処分してもらったのでだいぶスッキリしたはずなのに

 

春に市内のアパートから県外へと引っ越した長男が置いていった?っつうか突っ込んでいった荷物でまたまたいっぱいに。

もともと片付けが苦手な上に、ギリギリに就職決まってバタバタ引っ越したので

まあ〜ぐちゃぐちゃと突っ込まれてしまいました。

 

春先にいくらか片付けはしたけど量が半端なくて中断

夏は暑くて断念

 

まあね、そもそも私が片付けるのもオカシなことで長男アンタがやりなさいよって話。

でも彼は県外ですし、このままでは倉庫の使い勝手悪いし

やむを得ず…

 

さて片付けスタート

最初はテンポよく仕分けしていたのですが

箱の奥から下の写真の物体が出てきて手が止まりました。

マウスは大きさ比較のために置きました
続きを読む